精力剤売れ筋ランキング

勃起強化の為に必要なオナ禁日数と自慰行為の我慢で高まる理屈

%e3%82%aa%e3%83%8a%e7%a6%81%e3%81%a8%e5%8b%83%e8%b5%b7%e5%8a%9b

「最近、勃起の調子がイマイチ」と悩みがあり、手軽にお金をかけない対策案となれば、まず初めに考えるのは「オナ禁」ではないでしょうか。

男ならほとんどが試したことがあるであろう対策で、感覚的にも「効果かアリ」と思っている人も多いかと思います。

確かに、オナ禁は性的興奮を高め、その延長線上に勃起アップがあります。

オナ禁は精力・勃起の増強において重要な要素ではありますが、「Gのやり過ぎ」が大きく勃起低下に影響することはほとんどありません。

しかし、間違った自慰行為(以下「G」)や誤ったマスターベーション(以下「MB」)はEDになる1つの原因なので、そういった面も含めてオナ禁による勃起力効果、Gが与える精力効果を詳しく紹介しましょう。

海外ではオナ禁に関しての実験や調査も行われているので、そういった研究報告も含めて紹介します。

「G行為と年齢」日本人のMB事情

まず、日本のG事情から紹介します。

G行為を頻繁に行っていた思春期の頃には、「大人になったらこんなに頻繁にすることはないだろうな~」なんて思っていましたが、いざ30代に突入してみると、以外と行ってしまっているG行為。

そんな性習慣の頻度を年代別、回数別に調査したアンケートがあります。

mb%e3%81%ae%e9%a0%bb%e5%ba%a6

%e5%b9%b4%e4%bb%a3%e5%88%a5mb%e7%8e%87

参考:日本人の性行動の実態|JEX「ジャパン・セックス・サーベイ」

全体的に女性に比べて男のMB頻度は高いんですが、60代に突入するとガクッと数字が低くなります。(と言っても、半数以上は行っているわけですが…)

MB頻度として多いのが「週1回」。年齢別ではないので、正確な判断はできませんが、個人的に30代で週1回は少ないと思っています。

オナ禁が与える勃起力への影響

さて、本題の「オナ禁と勃起力の関係」です。禁欲をすれば「ムラムラ感が高まり、勃起力も高まる」と思う人もいますが、これって各々感覚なので、本当なのか定かではありません。

しかし、多くの人が勃起力を高めるためにオナ禁期間を発動させているのも事実。

それではG行為の有無や頻度がどれほど勃起に関わっているのか詳しく紹介していきましょう。

1.1週間のオナ禁が勃起力を高める

オナ禁をすれば体内のテストストロン濃度は高まります。つまり、性的興奮を高める要素があるため、勃起力も高まります。

実はコレ、実験結果が報告されているんです。

既存の研究結果は「オナ禁」では総テストステロン血中濃度の平常値は増加しないことを示しているが、活性テストステロン濃度が増加している可能性がある。

※簡単に和訳しています。

引用:A research on the relationship between ejaculation and serum testosterone level in men

和訳されてあるPDFファイルはコチラ

この実験ではオナ禁によってテストステロンの濃度を増加を検証しているんですが、注目するべきはオナ禁でテストステロンが高まるというとこではなく、オナ禁7日めに最も高い数値を叩き出しているという点だと思います。

%e3%82%aa%e3%83%8a%e7%a6%81%e3%81%a8%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ad%e3%83%b3%e6%bf%83%e5%ba%a6

※実験結果の数値を参考に作成しました。

グラフを見てわかるように、オナ禁の間も約370~380数値をウロウロしていたのが、1週間前後(6日目~8日目)は比較的に高めで、7日目にいたっては跳ね上がっているのがわかります。

つまり、オナ禁をするならば、期間は1週間前後がベストで、それよりも短かいのと意味がないし、長くしたとしても意味がないということです。

上記で紹介した、MBと頻度で最も多かった「週に1回」というのは、とても良いペースでG行為を行っていることになりますね。

2.3週間オナ禁は”ある条件”で勃起力を高める

上記では1週間以上のオナ禁は意味がないという結論でしたが、もう一つ「3週間オナ禁を行い、その後、MBをした時のテストステロン値を計測する」という有名な研究があります。

その実験結果が以下。

3週間の禁欲を行ったが、平常時のテストステロンの濃度は変わらなかった。しかし、禁欲期間後のMB時には高いテストステロン濃度が観察された。この結果から、禁欲による内分泌ホルモンは変化しないが、テストステロン濃度は上昇すると示唆している。

※簡単に和訳しています。

引用:Endocrine response to masturbation-induced orgasm in healthy men following a 3-week sexual adstinence

和訳されたファイルは見つからなかったので、コチラのサイトでgoogle和訳すれば理解できると思います。

3週間のオナ禁で平常値のテストステロン濃度が変わらなかったのは上記の実験と同じ。

しかし、この実験は3週間のオナ禁後にG行為した際の数値も計測していて、その結果がオナ禁による勃起力アップの深い関係を証明しています。

実験内容は3週間オナ禁を行った後に、【①通常動画→②アダルト動画→③通常動画】を各20分間(計60分)見て、②アダルト動画の時にG行為を行うというものです。

この結果が、アダルト動画を見てG行為を行っている最中がテストステロン濃度がオナ禁前よりも約20%も高かったんです。さらに、③の通常動画を見ている際も約20%上昇を保っていたんです。

簡単に説明すると、オナ禁をしても平常値は変化ないが、性的興奮を与えられると急激にテストステロン濃度が高まるということです。

つまり、3週間のオナ禁でも「しっかり性的興奮を感じる」という条件を満たせば大きく勃起力に与える影響はあるんです。

面白いのは、射精後も高いテストステロン濃度を維持できるという点。要は3週間くらいオナ禁をしてしまえば2~3日くらいはその恩恵を保てるというニュアンスになります。

3.オナ強化が勃起力を鈍らせない!

上記2つは、オナ禁が勃起強化に働きかけるということでしたが、3つ目は逆にG行為を頻繁に行うことで、勃起を高めるという考え方。

これを推奨しているのが、なんとセクシー男優のトップクラスに君臨する「シミケン」。シミケンの絶倫方法については以前紹介しましたが、その中にG行為に関するアドバイスもありました。

オナニーを週に3~4回しかしてないらしい。

少な過ぎるとアドバイス。

ノルマを14回にして「インポはメンタルからきてるのが殆どなので、不安に思わない事、”ヤってやる”を唱えながら胸を3回叩いて」とアドバイスした。」

引用:★金をかけず・楽して絶倫になる方法!?★

オナ禁どころか、1日に2回するG行為を行うというスパルタな理論。

オナ禁による勃起力が実験と検証を元に導き出された理論であるなら、シミケンのは勃起のプロが実体験を元に教える理論です。

どちらが正しいかはわかりませんが、お互いが全く逆方向を向いているというところがポイント。

シミケン理論は簡単に言えば「使わなければ鈍るからどんどん使え!」。

確かに、人間の機能は使わなければどんどん劣化していくと言われています。筋肉が代表的な例で、使うから磨かれて、使わなく慣れば衰えるのと同じ原理。

これは勃起にも通じるというのがシミケン流ということ。

オナ禁・G行為と勃起力まとめ

オナ禁と勃起に関する影響を3つ紹介しましたが、方向性が一緒ではないので、混乱した人も多いかと思います。

そこで、管理人なりにオナ禁やG行為で勃起力を高めるための方法やルールをまとめてみました。

【ステップ1】オナ禁をするなら1週間を目安に行う
まず試すべきは「1週間G行為を断つこと」とにかくこれで勃起に何の変化がなければ、ステップ2を試してみましょう。普段から1週間くらいの頻度という人はステップ2から始めましょう。
【ステップ2】オナ禁期間を3週間に延長する
色々な実験を見てもオナ禁は最長でも3週間。これで変化が現れなければ、断つのではなく強化する方を試してみましょう。
【ステップ3】週に10~14回を目標にG強化する
「引いてダメなら押してみる」という理論で、ステップ1~2でダメならシミケン流を試してみましょう。

この3ステップを行っても変化がない場合は、「G行為や使用頻度の問題ではない」ということが判断できます。

勃起力低下で迷走している人は、約1ヶ月ちょっとで前ステップをこなせるのでチャレンジしてみましょう。

G行為は勃起を低下させるリスクもある

G行為は断つにせよ強化するにせよ、勃起力に影響していることは間違いありませんが、G行為にスポットを当てて調査してみると「G行為の方法が逆に勃起力を低下させている」というマイナス影響も考えられます。。

「膣内射精障害」というのがまさにコレで、間違ったG行為が引き金となって起こっているんです。

膣内射精障害という言葉から「遅漏によって膣内で射精できない人」を想像してしまいますが、「勃起が維持できずに射精に至らない(中折れ)」や「勃起力が弱すぎて挿入すらできない」という人も含まれているんです。

そして、この障害に陥る最も多い原因が「間違ったG行為」なんです。

%e5%b0%84%e7%b2%be%e9%9a%9c%e5%ae%b3%e3%81%ae%e5%88%86%e9%a1%9e

射精障害の中で最も多いパターンが膣内射精不能になります。そして、膣内射精不能の原因分類が以下。

%e8%86%a3%e5%86%85%e5%b0%84%e7%b2%be%e9%9a%9c%e5%ae%b3%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0

画像参考:マスターベーションの問題点|東邦大学医学部泌尿器科:長尾光一

このデータを見てわかるように、膣内射精障害になる人の約50%が誤った(間違った)G行為が原因になっているんです。

では、どんなG行為のどんな方法・要素が勃起力低下を含む膣内射精障害を斡旋させているのか詳しく見ていきましょう。

G行為と性行為ではアソコにかかる圧力が異なる!

G行為は自分の手で行うのに対して、性行為になると膣になります。

この両者では比べるまでもなく自分の手の方が圧力をかけられます。しかも、自由に圧を変化させることもできます。

日頃行うG行為で強い圧で行っていれば、当然、性行為の時は物足りなさを感じます。これが性行為時の直接的な快感に影響してしまい、勃起力を低下させてしまうんです。

理想のオカズと実際のオカズとのギャップ

男なら誰でも理想の女性だったり、興奮する性の対象というものがあると思います。

最近ではネット動画も豊富で、自分の理想のオカズにたどり着くことも簡単で、より自分の好みを追求することができ、ドンピシャで理想のオカズにたどり着けてG行為ができます。

しかし、それは理想であり、現実に性行為を行う相手は殆どの人がドンピシャ以下だと思います。そのギャップこそが、本番での興奮を低下させてしまう要因にもなっているんです。

簡単に言えば「目が肥える」ということ。

GとHでは自由度が違う

G行為は1人でやるもので、そこに他人とのルールはありません。自分のタイミングで射精をしても誰も文句を言いませんし、止めたり、動かす手を早めたり、強めたりは完全に自由です。

しかし、性行為となるとそこまでの自由性はありません。低ある程度、パートーナーを配慮し、相手を気遣いながら行わなければなりません。

ここが大きな違いとなり、性行為時にストレスを感じるポイントになります。

特に相手を気遣うタイプの人は、プレッシャーや焦りなどを感じやすい性格でもあり、そ交感神経が優位にしてしまい勃起力へ悪影響を与える特徴もあります。

G行為慣れとは自由なれであり、団体行動にストレスを感じやすい習慣を作り上げている要因でもあるんです。

現在、管理人が愛用中の精力剤

更新日:2017年12月01日
夜な夜な薬局"限定"で、初回の1箱は半額で購入できます。(7,940円→3,970円)
IMG_1281_R

オキソアミジンという成分を含む指定医薬部外品に認定されている精力剤です。

今まで20種類以上も精力剤を試してきた管理人ですが、その中で最も効果を実感できた商品です。

>プロキオンの公開人体実験<

※夜な夜な薬局の精力剤レポートについて

当サイトで紹介している精力剤の体験レポートは、あくまでも管理人個人の感想で、その精力剤の効果や効能を保証するものではありません。

このページの先頭へ