精力剤売れ筋ランキング

精力減退・低下の原因~悪の根源を暴く~

seiryokugenntai

明確な原因や理由はわからないが、歳をとるにつれて性欲の低下や精力減退を感じる中年男性は多いと思います。確かに、老化は精力が低下する原因1つですが、もっと深く追求していくと最終的にはある2つに辿り着きます。

何事もにも問題を解決するには、まず原因から。根っこの部分を知らない限り、なかなか問題は解決できません。

  • 「なぜ自分の精力(性欲)は低下したのか?」
  • 「どんな理由で精力が減退しているのか?」

そんな悩みを抱えている男性のために、男の精力が低下する原因の”根っこ部分”を解説します。

まだ男の精力や性欲、性的興奮がどうやって膨れ上がっていくのかを知らない人は、「男の精力(性欲・興奮)の仕組み」で解説しているので見てください。

精力減退の原因は「脳」と「男性ホルモン」

seiryokugenntai2tu

上記で意味深にも「ある2つに辿り着く」と紹介した2つは、「脳」「男性ホルモン」です。

精力減退で考えられる原因には「生活習慣」「老化」「パートナー)」「ストレス」など色々とありますが、これら全て紐解いていくと、「脳」か「男性ホルモン」のどちらかに最終的に繋がっていきます。

例えば、老化は精力減退の原因の1つです。

これを深く掘っていくと、老化によって睾丸や副腎といった臓器機能が低下することで、若い頃のように男性ホルモンを分泌することができず、結果として精力が低下してしまいます。

このように、精力が減退する原因の根っ子部分は脳か男性ホルモンの2択になります。

それでは以下からは最終地点である「脳」と「男性ホルモン」に別けて、精力減退の原因を紹介していきたいと思います。

脳が精力減退・低下の根源である理由

seiryokugenntainou

男の精力(性欲)や性的興奮の火種は脳です。

男の精力(性欲・興奮)の仕組みで詳しく解説しているので、ここでは簡単にしか説明しませんが、男の精力(性欲)や性的な興奮は脳から始まります。

人間の五感を通じて、脳が興奮することで初めて男の性的な興奮が誕生します。

誕生したての性的興奮は小さなもの。

でも、その性的興奮が脳によって体のあらゆる部分(器官)に伝わり、体がその興奮をまた脳に伝え返すという”性的興奮が膨れ上がるループ”が起こります。

まさに雪だるまが雪道を転がっていくように膨れ上がっていくように性的興奮は大きくなります。

原因は性的興奮が誕生しないから、、、

まず、性的興奮が誕生しなかったら、男の精力(性欲)は湧いてきません。

「転がる雪だるまがないのに、膨れ上がるわけがない。」そうですよね?

でも、こんな状況に中年の男や精力が減退・低下した男は陥っているんです。

”マンネリ化”がその代表。

医学的にも中年男の精力が減退してしまう理由に「パートナーの老化」があります。(女からすれば「ふざけんな!!」って話ですが、、、苦笑)

昔なら興奮していた事やモノが、何度も経験することで慣れてしまうんです。

慣れてしまうと、感じていたものが感じなくなる。

誕生していた性的興奮も脳が慣れたせいで誕生しなくなるってこと。

例えば、初めて女の人とデートする時は、ドキドキしたりワクワクしたりします。

当然です。まだ未経験なわけですから!!

でも、これが2回.3回..4回…10回….100回ともなると、当初と同じドキドキ・ワクワクといった興奮は絶対になくなります。

答えは単純で、脳が慣れてしまうから!

ループさせる性的興奮もなければ、膨れ上がることもないっていうわけです。

その原因は脳であり、脳が覚える慣れ(マンネリ)です。

 原因は興奮のループが続かず膨れ上がらないから

【脳→体の器官→脳→体の器官】というループで性的な興奮は膨れ上がっていきます。

しかし、重大な悩みや不安・プレッシャーなどを感じている状態では、せっかく体の器官から興奮が脳へ返ってきたところで、脳がそれを返すことができなくなります。

ムラムラっときた時に、今深刻に悩んでいる問題、明日の仕事に関するプレッシャーなどの不安を感じると興ざめしますよね?

そういった不安・悩み・プレッシャーなどが”ストレス”です。

ストレスを感じている状況の中では、せっかく誕生した性的興奮もループによって膨れ上がらないんです。

よって精力が高まらないで、どんどん減退していきます。

通常なら倍々ゲームであるはずの性的興奮のループも脳がストレスを感じることで、【2倍(脳)→4倍(体の器官)→8倍(脳)→16倍(体の器官)】というループが、【2倍(脳)→4倍(体の器官)→1/2倍(脳)→2倍(体の器官)→1/2倍(脳)】という風にどんどん小さくなっていき、最後は0に着地してしまいます。

精力が高まらない・・・精力が減退している・・・というのは、脳がストレスを感じ、正常なループを壊しているからなんです。

ストレスが原因で精力減退というのも、根っこをたどると脳であり、脳が感じるストレスということです。

そういった自覚がなくても、潜在的に脳は感じてしまっています。

男性ホルモンが精力減退・低下の根源

seiryokugenntaihorumon

性的興奮が【脳と体の器官】のループによって膨れ上がるわけですが、、、

体の器官とは??と疑問に思った人も多いかと。

この体の器官というのは主に男性ホルモンを作り出している器官のことで、生殖器官(睾丸)副腎皮質下垂体などです。(男性ホルモンのほとんどのこの3つの器官で作られ分泌されます。)

だから、【脳と体の器官】のループは正しくは”脳と体の器官が作り出す男性ホルモン”とのループです。

 原因は男性ホルモンが老化によって減っていくから

性的興奮のループで体の器官が脳に伝え返す情報は、簡単にいえば男性ホルモンの量です。

男性ホルモンの分泌量がすなければ、性的興奮は膨れ上がりません。

老化によって精力が減退・低下すると言われているのも、根っこ部分はここにあります。

人間は老化現象の1つに、臓器や器官の機能低下があります。
むしろ、「機能が低下するから老化してしまう」イコールのような関係です。

(この限界を超えると病気であり、治療対象になります。)

どれだけ脳が興奮を器官に伝えても、器官の機能が低下していては、肝心な男性ホルモンが十分に分泌できません。

これでは膨れ上がる性的興奮も膨れ上がりませんからね。

器官の機能低下は生活習慣も原因

男性ホルモンを作ってくれる(分泌してくれる)主な器官は生殖器官(睾丸)副腎皮質下垂体です。

老化でこれら器官の機能が低下してしまうのは、「しょうがない」と考える人も多いでしょう。

しかし、生活習慣によって器官の機能低下が進行しているとしたら?

これだと簡単に「しょうがいない!」なんて言える人は少ないと思います。

だって、自分の生活習慣のせいで本来のポテンシャルを出し切れていないわけですから。

でも、実際に中年のオッサンでこの状況に陥っている人は五万といます。

偏った食生活、運動不足、睡眠不足、お酒、タバコ、、、
生活習慣なんて挙げていけばきりがないくらいでてきます。

でも、そんな誤った生活習慣が内蔵器官の機能をどんどん低下させているんです。

老化のせいで機能が低下しようと、生活習慣のせいで機能が低下しようと、男性ホルモンの分泌量は低下してしまいます。

で、重要なのは”おっさんにできる精力減退・低下の解決は主に生活習慣によって低下した器官の機能”ということです。

もちろん、生活習慣が老化の進行を防ぐことにも繋がるんですけどね。

精力減退・低下の根源は脳と男性ホルモン【まとめ】

精力減退・低下の原因にはいくつもあります。

でも、その原因を辿って行くと、最終的には脳と男性ホルモンの低下に行き着きます。

ストレスが精力減退になる・・・(脳による精力低下)

メタボが精力減退になる・・・(男性ホルモンによる精力低下)

マンネリ(パートナー)による精力減退・・・(脳による精力低下)

生活習慣が精力減退になる・・・(男性ホルモンによる精力低下)

脳にたどり着くのは基本的に精神的な要素が多く、男性ホルモンの低下にたどり着くのは臓器や器官の機能のような器質的な要素が多くなります。

精神的な要素は、解決方法のおいても個人という部分が重要になってくるので難しくなります。(不可能なわけではないですよ。)

一方で、男性ホルモンの低下に関しては生活習慣によって個人差はあるながらも、解決へ向かうことができます。

精力減退・低下の原因を踏まえて、より効率的で、効果的な解決方法を実践していきましょう。

現在、管理人が愛用中の精力剤

更新日:2019年3月1日
夜な夜な薬局"限定"で、初回の1箱は半額で購入できます。(7,940円→3,970円)
IMG_1281_R

オキソアミジンという成分を含む指定医薬部外品に認定されている精力剤です。

今まで20種類以上も精力剤を試してきた管理人ですが、その中で最も効果を実感できた商品です。

>プロキオンの公開人体実験<

※夜な夜な薬局の精力剤レポートについて

当サイトで紹介している精力剤の体験レポートは、あくまでも管理人個人の感想で、その精力剤の効果や効能を保証するものではありません。

このページの先頭へ