精力剤売れ筋ランキング

精力・勃起力に悩む20代の男性が選ぶ精力剤

20・30代の精力剤

ED(勃起不全)や精力減退は20代や30代の比較的に若い男性にも起こりうる現象です。EDで病院を受診する1割が20~30代と言われており、何を隠そう管理人も30歳前後で精力・勃起力の低下に悩んだ1人です。

若かろうが男なら誰にでも起こりうるアクシデントなんですが、40代以降の男性(中年層)とは原因や引き金となる要因が違うので、自分の年齢・年代にマッチした対策は必要です。

管理人も「まだ30歳なのに勃たないとかヤバイ・・・」と誰にも言えずに苦しみ、「とにかく早く治したい」と焦って色々な対策を取りました。

そんな中で、失敗体験や医者に告げられたアドバイスもあったので、その経験を踏まえて20~30代にオススメの精力・勃起の解決策を紹介します。

焦る気持ちもわかりますが、早とちりの上に間違った選択をしてしまうと、取り返しがつかなくなる可能性もあるので注意してください。

若い段階の最善策は精力剤と生活習慣の改善

長ったらしくなるので、結論から言いますが、20~30代で夜の能力低下で悩んでいるのであれば、最善の策は精力剤を飲み始める事と悪影響を与えている生活習慣を改めることです。

精力剤と言ってもバイアグラやシアリスなどのED治療薬(勃起薬)ではなく、生殖機能の栄養補給を目的とした商品で、簡単に言ってしまえば、精力や勃起に対して有効な成分をたっぷり含んだサプリです。

多くの人は精力剤&生活習慣が的確な方法であり、最初に取り組むべきことですが、20代・30代と言っても各々の状況によって最善策は異なるのでケース別に紹介したいと思います。

  1. 精力剤を飲み始める
  2. 生活習慣の改善
  3. ED治療薬を試してみる

上記でも言っているようにまず試すべきは「精力剤&生活習慣」の1と2のコンボです。それでは1つ1つ詳しく紹介しましょう。

1.20~30代が試すべき精力剤をコレだ!

管理人も精力増強や勃起力回復の為に一番最初に始めたのが精力剤です。紆余曲折はありましたが、精力剤を飲み始めて精力・勃起ともに実感できたのは確かです。

精力剤だけでも十分効果的ではありますが、飲み始めることで「精力・勃起を取り戻す!」という意識が高まるので、結果的に生活習慣改善に取り組む姿勢になり相乗的効果が発生するのもオススメする大きな理由です。

そのため、一歩目に精力剤を試すのは大きな価値があります。

それでは、どんな精力剤を購入し飲めばよいのか管理人の経験を元に紹介したいと思います。

20・30代にオススメする精力剤”5選”

今回オススメする商品は全て管理人も試したことがあるもので、数多く有る精力剤の中でも主成分が異なる選りすぐりをピックアップしています。

精力剤の良し悪しは実際に使用してみる事が一番です。そのため、主成分が異なる商品を次々に試していくのが得策になります。成分が被っている商品を使っても全く意味がありませんからね!

商品名 価格 内容量 主成分
クラチャイダムゴールド 9,000円 約30日分 クラチャイダム
プロキオン 7,940円 約30日分 オキソアミヂン
レッドドラゴン 4,900円 約30日分 ランペップ
マカDX 1,080円 約30日分 マカ
ストロングミサイル 13,650円 約22日分 シトルリン

定番はクラチャイダムやマカの精力原料

精力剤の主成分は大きく「原料」と「成分単体」の2つに別れています。クラチャイダムやマカなどは精力剤を買ったことがない人でも知っているほど知名度の有る原料で、定番と言ってもいいでしょう。

他にもシトルリン、アルギニン、亜鉛なども夜の成分として有名で、これら成分単体も定番と言えます。

オキソアミヂン、ランペップなどは比較的に新しく発見された成分で、現状では知名度は高くありません。しかし、最先端の研究や技術によって生み出されているため、定番成分・原料とは違った角度でアプローチをしてくれる特徴もあります。

管理人としては定番成分で構成された商品でダメならオキソアミヂン、ランペップを試してみる流れが良いでしょう。

2.生活習慣の改善を始めよう!

20~30代の精力減退や勃起力の低下の多くは精神的な要素が大きいと言われています。つまり、身体の機能は正常だけど、精神的な問題が引き金となって夜の力が衰えているというパターンになります。

この特徴から若い段階でED治療薬を使い他力で改善する方法は得策ではありません。だって、治療薬を使うほど身体そのものに問題ないわけですから。

また、20代・30代の年齢であれば、夜の営みも珍しいイベントではないので、毎回に薬を飲むのは経済的にも肉体的にも負担が大きくなります。

そういった意味で、根本的な解決ができる生活習慣はとても重要になります。

悪い生活習慣を正すだけで夜の力は高まる!

生活習慣の改善と聞くと辛そうで憂鬱に思う人もいるかもしれませんが、プラスな事を追加するわけではなく、マイナスな事を無くすだけで基本的にOKです。

例えば、タバコを吸っている人であれば禁煙や減煙したり、睡眠時間が短い人は少し多めに取ってみたり、そこまで大きな生活習慣の変化をいきなり開始するのではなく、悪いと思われている習慣を1つずつ正して行くことが重要になります。

精力や勃起に悪いとされている生活習慣を確認しまおきましょう。

運動と筋トレは夜の力に効果的な習慣

精力減退や勃起力低下は身体の問題と精神の問題の2つが深く関わっています。筋トレを含む運動はその両方にアプローチしてくれるとても合理的な習慣になります。

逆を言えば、運動習慣が皆無の人は若かろうがEDになる可能性がグンと高くなります。

それほど、夜の力と運動(筋トレ)は密接な関係にあるんです。

悪い生活習慣を1つ1つ改善している中で余裕が出てきたら、定期的な運動を始めましょう。同時に始めるのが理想なのですが、詰め込みすぎて継続できないくらいなら、段階を踏んで始めたほうがまだましです。

運動(筋肉)と男の夜の力の関係は運動不足が精力と勃起力を低下させている!!で詳しく解説しています。

3.ED治療薬の使用と見極め!

基本的にED治療薬に踏み切るのは1.精力剤と2.生活習慣の改善で実感できない場合です。

また、病院でも言われますが、ED治療薬を使用したところで治るわけではありません。(薬の成分が効いている時だけ勃起しやすい身体になっているだけです。)

その仕組みから、病院でED治療薬を処方されたとしても、20~30代の人は医師から生活習慣の改善を進められます。なので精力剤を使おうが、ED治療薬を使おうが、生活習慣を変えることは必須になります。

それでは、どういった状況の人がED治療薬を使用するべきなのか詳しく見ていきましょう。

精力剤と生活習慣改善を半年以上試してダメだった人

精力剤と生活習慣改善を半年以上続けて効果が現れなかった人は1度病院を受診して、ED治療薬を試してみるのも手段の1つです。

もしかすると、生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血など)が原因で勃起力が低下している場合もあるので、医師に診断してもらった方がいいでしょう。

また、違った問題が引き金となっているパターンも考えられます。男の夜の力はある意味、健康のバロメーターでもありますからね。

成功体験がない勃起不全はED治療薬の方が手っ取り早い場合もある!

ED症状の多くは「過去に性行為で勃起できていたのに、最近は上手くできない」というパターンですが、20~30代の男性の中には「初性行為(童貞卒業時)で上手く勃起できない」という人もいます。

こういった性行為の成功体験がない人はED治療薬で強制的に勃起を促し、成功体験することで、その後スムーズに勃起ができるようになる場合があるようです。

むしろ、失敗体験を連発してしまうと、根強い精神的なストレスになる可能性も秘めているので、早めにED治療薬を使用したほうが良いという考えもあります。

自慰行為はできるが性行為ができない人

自慰行為は平気でフィニッシュまで勃起できるが、性行為になるとダメという人も状況によってはED治療薬が根本的な解決策になる場合があります。

「自慰行為ができる=身体の機能は問題ない」という証明なので、EDになっているのは精神的な問題が大きく関与しています。

何度もチャレンジするが、百発百中に近い確率でEDになる人は、一度の成功体験が大きく精神的ストレスを払拭してくれる可能性があります。

「飲めば治る」という安心感が、EDの悪循環から抜け出すきっかけとなり、飲まなくてもスムーズに勃起できる精神状況を作ってくれます。言わば、ED治療薬をお守り代わりにする形になります。

現在、管理人が愛用中の精力剤

更新日:2017年12月01日
夜な夜な薬局"限定"で、初回の1箱は半額で購入できます。(7,940円→3,970円)
IMG_1281_R

オキソアミジンという成分を含む指定医薬部外品に認定されている精力剤です。

今まで20種類以上も精力剤を試してきた管理人ですが、その中で最も効果を実感できた商品です。

>プロキオンの公開人体実験<

※夜な夜な薬局の精力剤レポートについて

当サイトで紹介している精力剤の体験レポートは、あくまでも管理人個人の感想で、その精力剤の効果や効能を保証するものではありません。

このページの先頭へ