精力剤売れ筋ランキング

シトルリンが精力と勃起力に与える効果!

シトルリン

今や精力剤をはじめ、様々なサプリに配合されている「シトルリン」。

精力剤でもシトルリンを含んでいる商品はたくさんあって、管理人もThe GOLDゼファルリンといったシトルリンを含んでいる精力剤を何度も試したことがあります。

また、ペニス増大系のサプリでも定番化している成分でもあります。

そんなシトルリンですが、アルギニンと血縁関係にあるくらい密接に関わっている成分です。

というよりも、ほぼ一緒だと思ってください。

シトルリンとアルギニンの精力・勃起力に対する効果は全く一緒です。

違いはその効果の度合いになります。

その点を踏まえて、シトルリンが精力増強、勃起力アップにどう関わってくるのかを詳しく解説していきます。

シトルリンはアミノ酸の中でも特別な存在!

シトルリンは1930年に日本でスイカから発見された成分で、当初は医薬品成分として医療業界で研究が進められていました。

しかし、研究によって毒性が低いことが明らかになって、今では非医薬品成分として認可されて精力剤、サプリといった色々な商品に使われるようになったんです。

シトルリンはアルギニンと同じくアミノ酸の1種で、体内で作ることができる非必須アミノ酸です。

しかし、シトルリンはアミノ酸の中でも特別な存在で、遊離アミノ酸というカテゴリーに分類されていて、ココがアルギニンと異なるポイント。

通常のアミノ酸だとアミノ酸同士で合体してタンパク質になるんですが、遊離アミノ酸は他のアミノ酸と合体することなく単体で身体の中に存在しているんです。

タンパク質系のアミノ酸と遊離アミノ酸

一匹狼のような立ち位置ですが、それには「必要な時にすぐに動けるように!」という役割があって、オールマイティーなポジションをこなしてくれているんです。

シトルリンはそれほど重要な成分になります。

ちなみに、GABAやオルニチンといった成分も遊離アミノ酸になります。

シトルリンの精力増強・勃起力アップ効果

冒頭で説明したようにシトルリンとアルギニンの精力や勃起に対する効果は同じです。

・一酸化窒素(NO)の増加による血流改善
血管を拡張させるNOが増えれば血流が良くなり勃起に対しても効果的。また、一酸化窒素が血液中に増えるとそれに伴って、勃起する時に1番重要となるサイクリックGMPを増加させることにも繋がります。
・成長ホルモン分泌による生殖機能の正常化
成長ホルモンは生殖機能の健康を保って、正常化してくれる働きがあります。成長ホルモンの分泌が増えるとそれだけ男性ホルモンを分泌する機能が円滑に働いてくれるようになり、精力増強に繋がります。

この2つがシトルリンによる精力・勃起に対する最も効果的な働きです。詳しい解説はアルギニンの成分効果で紹介してるので、そちらを参考にしてください。

他にもシトルリンには疲労回復、老化防止、冷え性改善といった効果もありますが、これらもアルギニンと全く同じ理屈になっています。

では、なぜシトルリンとアルギニンが同じ効果をもたらすのかシトルリンとアルギンの関係を用いて簡単に解説しましょう。

シトルリンとアルギニンの関係

成分名は違えど同じ働きをするシトルリンとアルギニンですが、両者の関係を簡単に言ってしまえば”変身前と変身後”になります。

藤岡弘と仮面ライダーみたいな関係です。
(ちょっと古いですが、、、)

シトルリンを外部から取り込むと体内でアルギニンに変わります。厳密に言うと、体内でアルギニンが必要になった時にシトルリンがアルギノコハク酸という物質になってアルギニンに変身してくれます。

シトルリンとアルギニンの体内の流れ

体内に取り込まれるためにシトルリンがアルギニンに変化して、そのアルギニンがまたシトルリンに変化します。

こういったようにシトルリンとアルギニンは互いに変身することで役割を成り立たせているんです。まさに藤岡弘と仮面ライダーの関係と言えますね。

しかし、一酸化窒素や成長ホルモンといった効果をもたらしてくれるのはアルギニンであり、アルギニンからシトルリンへ変身する時だけです。

藤岡弘から仮面ライダーに変身する時はショッカーを倒せますが、仮面ライダーから藤岡弘に戻った時はそんな能力はありませんからね!

ここで「どうせアルギニンに変わるならシトルリンを摂取する意味なくね?」と思う人も少なくないと思います。

しかし、ここがシトルリンとアルギニンの大きなポイントになっていて、シトルリンが注目されている理由になります。

シトルリンの効果はアルギニンの30%増!

シトルリンとアルギニンの研究では、アルギニンを摂取するよりもシトルリンを摂取した方が、体内のアルギニン濃度は30%高くなるという結果が報告されています。

つまり、直接アルギニンを摂取するよりもシトルリンで摂取してアルギニンに変化させる方が効果的だということがわかったんです。

なぜ密接な関係にある両成分にこんな違い現れるのか?

理由はシトルリンとアルギニンの防御力の違いにあります。

アルギニンは外部から摂取すると肝臓でほとんどが代謝され失われてしまいます。一方、シトルリンは代謝されにくい特性があるので、肝臓の攻撃を耐えることができるんです。

シトルリンとアルギニンの吸収率

この防御力の差が、アルギニンとシトルリンに30%差をもたらしているんです。

もちろん、体質や身体の状態によって違いもでてきますし、成分と成分の組み合わせによって吸収率が変化して差は変わってきます。

あくまでも、アルギニン単体とシトルリン単体で比べ場合です。サプリや食品だとアルギニンやシトルリンなどの成分を単体で摂取することはほとんどないでしょう。

成分の組み合わせによって、相乗効果や吸収率の変化は栄養学的に重要なポイントになります。

だから、「アルギニンよりもシトルリンを含んでいる精力剤の方が優れている!」ということにならないので注意しておきましょう。

シトルリンは毒性が低く、副作用はほぼ皆無!

シトルリンは一酸化窒素と成長ホルモンに働き欠けることで精力、勃起など色々な効果が期待できる成分ですが、副作用や摂取によるリスクはほとんどありません。

限りなく0に近いと思っていいでしょう。

欧州では医薬品の成分として扱われているので、少し不安を抱く人も多いでしょうが、日本では健康食品の成分という「国が指定するほどの危険性がないし、比較的に安全だよ!」と言った位置付けです。

実際に日本で認可されてから、あらゆるサプリなどが販売されていますが、人体への毒性や重大な副作用の報告は未だにありません。

もちろん、何においても過剰摂取はNGです。

大きな副作用はないにしろ、常識的に考えてバカげた飲み方をすれば何が起こるかはわかりませんからね。

シトルリンはそれほど安全な成分ですが、摂取を気をつける人が0ではありません。

シトルリン血症という体内のシトルリンの数値が異常に高くなる病気の人は摂取はNGです。

尿素回路(尿を作るまでのサイクル)が異常によって引き起こされる病気で、シトルリンを摂り過ぎたからシトルリン血症になるわけじゃないので安心してください。

もう一つ、警戒するとすれば血圧に異常がある人や治療をしている人です。

シトルリンは一酸化窒素の生成を促進させ血管を拡張する働きがあります。つまり、血圧を下効果があるため、高血圧で降圧剤を服用している人や医者に指摘されるほどの低血圧の人は注意しましょう。

血圧の問題で病院にかかっている人は、医師に相談した上でシトルリンの服用を決めましょう。

現在、管理人が愛用中の精力剤

更新日:2017年06月02日
IMG_1281_R

オキソアミジンという成分を含む指定医薬部外品に認定されている精力剤です。

今まで20種類以上も精力剤を試してきた管理人ですが、「愛用」と言えるほどリピート購入しているのがプロキオン。

言うまでもなく、使用した精力剤の中で管理人が最も効果を実感できた商品です。

>プロキオンの公開人体実験<

※夜な夜な薬局の精力剤レポートについて

当サイトで紹介している精力剤の体験レポートは、あくまでも管理人個人の感想で、その精力剤の効果や効能を保証するものではありません。

このページの先頭へ