精力剤売れ筋ランキング

ED治療薬が勃起に効く理由とその仕組み

ED治療薬の効果と仕組み
ED治療薬の代表であるバイアグラ・・・世界中で多くの人が愛用していて、知名度もかなり高いですね。

ところで、「ED治療薬がなぜ勃起促進効果があり、どういった仕組みで勃起力が高まっているのか知っていますか?」

管理人はこういった仕組みを理解しないで使用するのに物凄い抵抗がある性格なので、かかりつけ医に「ED治療薬を使ってみれば?」と言われた時にガッツリ調べました。

その時に調べたED治療薬の仕組みについて紹介しましょう。(まぁ、結局はED治療薬は使用していませんし、処方もされてずに済んだんですけどね。)

勃起を促進させる仕組み

ED治療薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類あります。この3種類に含まれている有効成分はそれぞれ違い、特徴も違います。

「ということは、3種類それぞれ勃起を促進させる仕組みは違うのか?」と思いますが、実は作用の仕組みはどれも一緒なんです。

バイアグラ、レビトラ、シアリスそれぞれにに含まれている有効成分が以下。

ED治療薬 有効成分
バイアグラ シルデナフィルクエン酸塩
レビトラ 塩酸バルデナフィル水和物
シアリス タダラフィル

では、この成分達がどのように勃起に働きかけるのか?という本題にはいりましょう。

結論から言うと、ED治療薬が勃起促進に働きかけるのは含まれている有効成分がPDE5と呼ばれる物質を”ブッ飛ばす”からなんです。

PDE5という物質は勃起の解除させる役割があり、勃起している最中にPDE5が現れることで勃起が解除されるんです。

勃起の仕組みから考えるととてもわかりやすいと思います。

  1. 性的な興奮が勃起神経へ伝わる。
  2. 勃起神経から海綿体へその興奮が伝わる。
  3. 海綿体へ興奮が伝わるとNO(一酸化窒素)を放出する。
  4. NOが増えるとcGMPという物質が現れ、血管を拡張させる。
  5. 血管が拡張すると海綿体へ血液が流れ込み硬くなる。
  6. ココで勃起完了。
  7. 興奮が絶頂となり射精。
  8. 射精すると性的興奮が収まりPDE5が増加。
  9. PDE5によって血管の拡張が終了。
  10. ココで勃起終了。

これが勃起終始の一連の流れなんですが、ED治療薬は勃起を促すというよりは、勃起を解除させる物質「PDE5」を阻害することで、勃起が解除されにくい状況にするんです。

プラス(+)を与えるというより、マイナス(-)を消すというニュアンスです。

成分の特性からわかる3種のED治療薬の特徴

3種のED治療薬は全く同じような働きをするのに、効き目が早かったり、持続時間が長かったりと特徴が別れています。

各特徴については「ED治療薬(勃起薬)の買う前に知っておきたい常識!」で紹介しているのでそちらを参考にしてください。

「勃起を促す理屈は同じなのに、なぜここまで特性が別れるのか?」これには成分の溶けやすさや成分が持つ力が大きく関係しています。それでは、各ED治療薬ごとに紹介しましょう。

シルデナフィルクエン酸塩(バイアグラ)

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩は水に溶けにくい性質を持っています。また、体内の血液に溶け出すスピードもそれほど早くありません。

つまり、PDE5を阻害して効果が発揮されるまでそれほど早くないということになります。

しかし、シルデナフィルクエン酸塩は溶け込んだ時の吸収率が最も高いので、これで水や血液に溶けにくい性質を補っているんです。

塩酸バルデナフィル水和物(レビトラ)

レビトラの有効成分「塩酸バルデナフィル水和物」は水にとても溶けやすい性質を持っていて、血液に溶け出すスピードも3種の中で最も早い特徴を持っています。

でも、実は吸収率が最も低い成分なんです。

つまり、血液中に溶けやすいがそこから吸収されるまでには時間がかかってしまうという特性があります。しかし、これを補うほどPED5を阻害する力を持っています。

その結果、トータルすると最も早く強くPED5を阻害する作用があるので、服用してからの効き目が早いんです。

タダラフィル(シアリス)

シアリスの有効成分「タダラフィル」は水にほとんど溶けず、血液にも溶けこみにくい性質があります。吸収率はシルデナフィルクエン酸塩に次いで2番目に早いんですが、あまりにも溶けにくいために作用するまで時間がかかってしまうんです。

また、PDE5を阻害する力の最も弱いんです。

しかし、血液中に溶け込んでしまうと、なかなか分解されない特性を持っています。つまり、PDE5を阻害する時間が最も長いので、効き目が長く現れるという特徴になるんです。

そして、「PDE5を阻害する力の最も弱い」というのはデメリットのようにも思えますが、副作用という点ではメリットになります。

どのED治療薬の成分もPDE5だけを阻害することはできません。伴ってPDE1、PDE6、PDE9、PDE11といったような他の物質も阻害してしまいます。

もともとどの物質もカラダに必要なわけですから、それをPDE5と一緒に阻害されると副作用が現れてしまうんです。

しかし、タダラフィルは阻害する力が最も弱いので、副作用も弱く現れにくいという特性があるんです。


このようにそれぞれの有効成分の性質によって、効果に特徴が現れているんです。

また、この性質の違いに加えて、服用者の体質も大きく関わってきます。

つまり、「どのED治療薬が良いのか?」を決めるのであれば、実際に飲んで体験する以外は正確な情報は獲れないということです。

バイアグラ・レビトラ・シアリスの効果発現・作用時間・PDE阻害作用の違い【浜松町第一クリニック】を参考にしました。

現在、管理人が愛用中の精力剤

更新日:2017年09月09日
夜な夜な薬局"限定"で、初回の1箱は半額で購入できます。(7,940円→3,970円)
IMG_1281_R

オキソアミジンという成分を含む指定医薬部外品に認定されている精力剤です。

今まで20種類以上も精力剤を試してきた管理人ですが、その中で最も効果を実感できた商品です。

>プロキオンの公開人体実験<

※夜な夜な薬局の精力剤レポートについて

当サイトで紹介している精力剤の体験レポートは、あくまでも管理人個人の感想で、その精力剤の効果や効能を保証するものではありません。

このページの先頭へ